歴史を小説風に書いてみる

 

小学校の頃に社会でやった日本の歴史が好きで、そのままずっと日本史大好きできたのですが、歴史の授業も進むにつれて年代や人物名がいっぱい出るようになり、そうなると今度はそれを覚えるまでに一苦労でした。

 

方法はテスト範囲で覚えないとならない年代や人物や事件を書きだし部屋や風呂場に貼って、音読するというあまり珍しくもないよくある方法でしたが、それとは別にノートに小説風の作品みたいなのを書いて、それで覚えた方が多かったかも知れません。

 

例えば、戦国時代ならば織田信長の台頭から本能寺の変、秀吉の天下統一までを彼らを登場人物にして時代劇みたいな話を作る、まるでテレビで見ていた時代劇の製作者みたいな気分にもなったりして、意外と楽に暗記できました。

 

今思えばそれは、創作をしたことが暗記の上達の理由ではなくて、自分の手で何度も人物名や年号を書くことで頭の中にインプットされたのではないかと思います。

 

世界史など特に地名も人名も長いし馴染みがないから覚えるのがとても大変だと思うので、話の創作暗記法をぜひ勧めたいところですが、創作の方が苦手な人にはこれは向かない方法ですね。

 

私は小学校から小説みたいなものを書いていたから小説みたいな書き方をしたけれど、漫画チックでもいいかもしれない。ビジュアルと名前は一致した方が覚えやすそう。

 

残念なのは、ノートを既に処分してしまったこと。取っておけばこの方法を後の世界まで繋げたかもしれないのに。

 

スポンサードリンク


inserted by FC2 system